日々凛として!写メ雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS バーシー(歓迎儀式)

<<   作成日時 : 2011/11/02 22:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

ラオス農村部の支援プロジェクト視察に訪問すると各地で村長や村人、子ども達から熱烈な歓迎を受けたこと前にお話しましたよネ? 
到着遅れもかかわらず、炎天下外で首を長くして待ってくれていたように見受けます。 
その様子を少し詳しくお話したいと思います。

先ず、子ども達から小さな花束をメンバー全員に手渡しされます。森や庭先に咲いた花を彼らが摘んできたんでしょう、輪ゴムと紙で包んだ(ご飯糊で貼)素朴な物ですが彼らの気持がとっても嬉しいです♪

それから、村人達が織り込んだと思われる布切れを腰(男性)や肩(女性)に村人から巻いてもらい歓迎儀式(バーシー)を行う部屋へ招待されます。 喉が渇いてるだろうの気遣いか椰子の実にストローを刺した椰子の実ジュースも沢山ありました。

村長からこの村の人口はXX人、男性x・女性y人、世帯数は・・・と始まり、支援プロジェクト進行途中ですが、住民生活がどのように改善していってるかなど説明された後、
招待客&村人が祭壇を円陣に囲み、部落の長老でもある祈祷師が祝詞を唱えながら儀式を進めます。
祭壇はバナナの葉っぱで編んだ円錐状の芯に白い糸の束を結んだ竹串や花などを刺し、豚・鶏等の丸焼き、お米、果物などのお供えものを皆で分け合って食べ、また40度もある蒸留酒ラオラーオがふるまわれます。注がれた分は一気飲みするのが礼儀らしい。(酒好きにはたまらん!おかわりもOK)爆
これは儀式の軽い飲食であり、別にこの後の本食事は用意されていました。(笑)

我々の健康、幸福、安全、繁栄などを祈っているようだが、お経と同じでなんとなく有り難味は感じられても、その内容はその部落少数民族の昔からの口伝の原語らしくラオス人でも分からないと云う説です(えっ!苦笑)。
祝詞が一段落したところで祭壇に供えられていた白い糸の束でお払いをし、招待客の手首に白い糸が結ばれます。
その後は村人からも入れ替わり結ばれるので何本にもなりご利益イッパイです♪ 最低3日間は結んだままにしておき、途中で切るとご利益がなくなるだけでなく不幸や災難が訪れると信じられています。

厳かな儀式ゆえ、カメラをいいアングルから撮りたいと思っても気軽に動けず(動いちゃイケナイと!でも関係なさそう)、座った場所から数枚写しましたので画像を参考に状況をご想像ください。
画像

画像
画像
画像


★11月4日追記更新、祭壇がもっと綺麗に撮れている写真ありました。 左奥が祈祷師さん
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
すごい!テレビ(ウルルンとか)で見るような様子だ!
村の人たちが精一杯の気持ちで歓迎してくれているのがわかりますね(^-^)
「長老でもある祈祷師」うむ。映画の世界のようだわ・・・。
ふくだ
2011/11/03 19:58
☆ふくださん
訪れる先々でこの儀式は省略されてたとしても、郡長や村長さんらから歓迎の挨拶、支援により村人の環境や生活がどのように改善しつつあるか感謝のお言葉があり、どうしても長くなってしまいます(苦笑)。本とは住民・子ども達ともっと触れ合い遊ぶ時間が欲しいと願っているんですけどネ(笑)。
e自由人
2011/11/04 09:15
>森や庭先に咲いた花を彼らが摘んできたんでしょう、輪ゴムと紙で包んだ(ご飯糊で貼)素朴な物ですが彼らの気持がとっても嬉しいです♪

庭先の花を摘んで贈り物にする、何か懐かしく昔見たような気さえします。日本からこうした気持ちがなくなっていったのはいつ頃からだったでしょうか。
歳を取るとつい、昔回帰感傷に覆われ安くなって困ります。
mametaro
2011/11/04 23:25
☆mametaroさん
現代日本では贈る花束は花屋さんでアレンジしてもらい、食材はスーパーで買って調理、または出来合いの惣菜を食するってのが当たり前の生活になっていますネ。
愚生も子どもの頃、ラオス農村部の人達のように自然と共生した人間でして一瞬ノスタルジアに浸りました(笑)。
e自由人
2011/11/05 09:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
バーシー(歓迎儀式) 日々凛として!写メ雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる